革製品で人気の「イタリアンレザー」「ラムレザー」の魅力とは?

革製品は使うたびに手の油脂が皮に浸み込み、独特の味わいを生み出します。いつも触る所は色が徐々に変わり艶となり、色の変化を楽しむ事が出来ます。ここでは、そんな革製品で人気の高い「イタリアンレザー」「ラムレザー」の魅力をお届けします。

イタリアンレザーの基礎知識

イタリアンレザー,牛革,ヌメ革,姫路 レザー

イタリアンレザーとは?

イタリアンレザーは、世界三大レザーとして有名な革です。イギリスの「ブライドルレザー」、アメリカの「コードバン」、イタリアの「イタリアンレザー」として、世界的に高級革として認知されています。
昔からイタリアの伝統工芸となっていたイタリアンレザーは、主にイタリアのトスカーナ地方を中心に生産されていた革で、ベジタブルタンニンなめしと言われるなめし技法、独自のオイルを使用した伝統製法で、牛革を主に用いた革になっています。
現在は、製革業者の高水準品質を守る為に、100%ベジタブルタンニンなめしである事を認定する、世界で唯一の機関であるベジタブルタンニン協会が、国際基準よりもさらに厳しい品質基準を規定し、その基準を満たした革にのみ「イタリアンレザー 」として認定がなされています。その認定基準には3つの条件があるのですが、1つ目は規定されたベジタブルタンニンなめし製造工程で作られている事、2つ目は植物抽出成分のみを使用してなめされている事、3つ目はトスカーナ州で主要工程が行われている事が挙げられています。
このように、イタリアンレザーは厳しい基準を満たした革製品になっており、世界最高水準のレザーの品質を保っている高級革として地位を確立しています。

イタリアンレザーの特徴

オイルレザー
イタリアンレザーの革は、オイルがたっぷり染み込んだオイルレザーになっています。オイルレザーと言うのは、革が柔軟でしっとりした手触りになっており、色に深みや艶があるのが特徴です。新しいイタリアンレザーは明るい色味で光沢もあるので、女性にも人気の高い革です。
牛革が使用されている
イタリアンレザーは、主に牛革が使用されています。牛革は、他の革と比較すると入手しやすくなっており、価格も抑えられているのでレザー初心者にもお勧めです。初心者向けではありますが、皮の種類、部位、加工法には色々あり、革をしっていく程に奥深い大人の魅力がイタリアンレザーにはあります。
バケッタ製法
イタリアンレザーは、バケッタ製法と言われる製法で主に作られています。バケッタ製法とはイタリアの伝統的な製法で、丁寧に手間暇をかけて特殊なオイルを革に染み込ませて革を仕上げていきます。なので、滑らかでしっとりとした手触りになっており、経年変化で色艶に深みが出てきます。乾燥しにくい性質も持っているので、殆どメンテナンス要らずになっています。

代表的なイタリアンレザー3選

マットーネ
マットーネは、イタリアンレザーの中でも革のきめ細やかさと柔軟性が特徴で、子牛皮を使用した革です。適度なシボ感があり光沢のある革は表情豊かで、牛が生きていた頃に付いた傷もそのまま残されている革になっています。バラ傷、シワ、血筋の跡等、天然革の証が特徴となっています。オイルがいきた革の艶と手で触った時の感触の良さがマットーネの最大の魅力になっています。新品の時から革に美しい艶感があり、さらに使用していくと艶感が増すので、マットーネの美しい経年変化も楽しむ事ができます。
ミネルバボックス
ミネルバボックスは、イタリアオイルレザーの中では革素材ならではのしっかり感が革から感じられるのが特徴で、革表面のポイント柄のようなシボ模様が特徴です。イタリアンレザーは、オイルが皮繊維内にしっかり浸透しているので革の柔軟さが特徴ですが、ミネルバボックスに関しては、牛素材ならではの固さ感も兼ね備えた革である所が魅力となっています。
ナポレオンカーフ
ナポレオンカーフは、最もイタリアンレザーの中で個性的な革です。起毛加工する事で革に生まれるヌバック素材がベースとなっています。ヌバック素材は、革に暖かみがあり、肌触りが心地良い事が特徴で、オイルによる艶感と経年変化の美しさを楽しむ事ができます。また、ヌバック素材は革表面が起毛されている為、水滴の弾きも良く皮繊維内に水分が浸透しにくい性質をもっています。ナポレオンカーフは、そんなヌバック素材にオイルなめしがされた革なので、他の革に比べて少し撥水性があります。

ラムレザーの基礎知識

イタリアンレザー,牛革,ヌメ革,姫路 レザー

ラムレザーとは?

ラムレザーは羊革の事ですが、羊革と言うのは毛穴のキメが細かく、革が薄くて柔らかい事が特徴です。生後1年以上の羊革の事をシープスキン、生後1年以内の羊革の事をラムスキンと言います。また、ラムレザーは体毛によっても革が分類されており、直毛のラムレザーをヘアーシープスキン、巻毛のラムレザーをウールシープスキンと言います。ごく希に、シープスキンをヤンピーと記載されている事があるのですが、それは昔ラムレザーを取り引きしていた中国人業者が使用していた言葉で、その名残になっています。最近は、防寒用衣服、コート、ウェア、ゴルフ手袋、帽子等、様々なアイテムに用いられている素材になっています。

ラムレザーの特徴

ラムレザーは、イタリアンレザーと比較すると強度性は弱いです。しかし、革のきめが細かく柔らかいので、アウターアイテムとしてよく使用されています。ラムとシープの2タイプに革の種類が分かれており、それぞれに異なった特徴をもっています。

代表的なラムレザー3選

ラムスキン
ラムスキンは、生後1年未満の羊から採取された革となっており、革が軽くて柔軟な所が最大の特徴です。肌触りも心地良いので、ジャケット等のアイテムは着心地も抜群です。ハイブランドアイテムの素材にもよく使用されており、革の中でも高級素材となっています。
特に、ラムスキンの中でも有名なのが、スペインのピレネー山脈の高地で飼育されているエントレフィーノと言う羊から採取されるラムレザーです。このエントレフィーノは、毛が細く毛穴が目立ちにくい革になっており、イギリスやニュージーランド等に生息している羊革と比較すると、なめした革の表面が美しい事が特徴として挙げられます。なので、ハイブランドの手袋や毛皮コートにも使用されています。
シープスキン
シープスキンは、生後1年以上の羊から採取した革になっており、ラムスキンと比較すると革表面のシボが大きい事が特徴として挙げられます。また、革自体が空気を含みやすい構造になっているので、断熱性や保温性が高い素材になっています。実はシープスキンには、巻毛種のウールシープと直毛種のヘアシープの、2タイプに革の種類が分類されています。
ウールシープ
ウールシープは、ヨーロッパや英国でウールを採取する為に品種改良された羊です。主に寒い地域に生息しており、高密度の細長い毛が寒さから体を守る為全身を覆っています。このウールシープがムートン素材の原料となっており、素材としても重宝されています。
ヘアシープ
ヘアシープは、主にアフリカやインド等、熱帯地域が原産地となっています。毛足が短く皮下脂肪も少ないので、革の繊維構造がウールシープに比べて質が良く、密度も高くなっているので、レザージャケットや手袋等の素材としてよく使用されています。
ムートン
ムートンは、毛が付いたままのシープスキンの事です。毛があるタイプの革になるので、特に、羊革の中でも暖かくふんわりした触り心地が特徴となっています。ムートンには沢山の羊毛が生えているのと、複雑に繊維同士が絡み合って繊維の間に空気が入るので、高い保温効果があります。また、熱伝導率が低いので外気を遮断する事に優れており、防寒用の衣類やブーツ等によく使用されています。